ビアンキのクロスバイクおすすめはコレ!10万円以下でも初心者に満足の性能

ビアンキといえば、イタリアの空の色を模したと言われる薄い青緑色「チェレステ」カラーで人気です。
デザイン性が高いので「ガッツリ自転車やってます!」感が出にくく、国内外でも人気の高い自転車ブランドです。

外観が格好いいといっても、決してお飾り自転車ではなく、コンポーネント(自転車の駆動力を決めるパーツ)も、長年の間すべて「SHIMANO」を使用しています。
今回はビアンキのスポーツバイクの中でも「クロスバイク」に焦点を絞って、初心者にもおすすめの人気バイクを紹介します。

↓ネット契約!本人や家族の賠償も対応↓

ビアンキで一番人気のクロスバイク「BIANCHI ROMAシリーズ」


カメレオンテと並び、ビアンキを代表するクロスバイクとして有名なシリーズがこの「ROMA」です。同じクロスバイクでもカメレオンテと比較すると、よりロードバイクに近いパーツ選択がされているのが特徴。

2018年モデルの「ROMA」は変速機やブレーキなどのグレードによって4種類展開されており、お値段は7万円から12万円程度となっています。

ビアンキのクロスバイクにもディスクブレーキが採用

とくに「ROMA1,2,3」にはディスクブレーキが搭載されており、見た目にも「Vブレーキ」より格好良く、雨天時の制動性にも優れているのでかなり嬉しいポイント。重量は増加する方向になるので、気になる人は実物の確認をおすすめします。

シリーズの中でも最上位モデル「ROMA」は、油圧式ディスクブレーキに加えて変速機に「シマノ ティアグラ」を採用し、ロードバイクと比べてもそん色のない走行性能を誇ります。とくにギアの切り替えはスムーズすぎて気持ちいい!

最も低価格の「ROMA4」の特徴とは?

廉価版の「ROMA4」も変速機のグレードこそ控えめですが、ビアンキの中でもとくに売れ筋人気のマシンなので、カラーリングは定番のチェレステからマットブラックまで「6種類」あります。

実はローマシリーズ4車種の中で一番カラーバリエーションが多いのです。

フレームそのものはすべて同じものを用いているので、目的に応じてグレードを選択しましょう。番号が若いほどコンポが上位グレードとなっていますので、変速機の切り替え性能などは高くなっていきます。

気軽に楽しみたい人から本格的に乗りまわしたい人まで、様々な方のニーズに応える自転車です。

双璧の一角「BIANCHI CAMELEONTE 1」


7万円台というお手ごろな価格から、ビアンキのクロスバイクでは「ROMA(ローマ)」シリーズと並んでとくに有名なモデルが「CAMELEONTE(カメレオンテ)」。以前はフレームやフォークの素材別にナンバリングされた別グレードがありましたが、現在は「1」のみです。

ほぼ同じ価格帯の「ROMA4」と比較すると、よりマウンテンバイクに近いパーツ選択がされているのが特徴です。

32Cタイヤの採用で街乗りもショック軽減

さらに2018年モデルでは、2017年モデルの「700×28C」という一般的なクロスバイク基準のタイヤから、幅広の「700×32C」に変更されており、今まで以上にやわらかい乗り心地になっています。

スピードよりも堅牢さを重視したパーツ選択がされているので、街乗りで歩道の段差に乗り上げるような時でも、ロードバイクのようにパンクの心配をする必要はほぼありません。とはいえMTBのようなサスペンションはありませんので、無茶な乗り方は控えましょう。

街乗りでバンバン乗り回したり、たまにはオフロードもという方にオススメのモデル。ただ、幅広タイヤのため接地抵抗は大きめで、スピードを出すのはやや不向きです。

タイヤ幅を「28C,25C」などにカスタマイズするのもありですが、よりスピード感を楽しみたい方には同じビアンキでも「ROMA」シリーズをオススメします。

電動モーターアシスト搭載の「BIANCHI CAMELEONTE E」


電動アシスト自転車と言えばママチャリのイメージが強いでしょうが、最近は各メーカーがこぞってEV系のスポーツサイクルを販売しています。

この「CAMALEONTE E」は、カメレオンテにバッテリーを搭載しており、走行性はもちろんデザイン性もシャープでかなり格好いい電動クロスバイクです。

カメレオンテのやわらかい乗り心地はそのままに、前輪に電動モーター「SR-SUNTOUR e-system」を搭載することで坂道もグングン漕ぎ進むことができます。

アシスト機能は「エコ」「平坦」「坂道」と三段階の設定があり、状況に応じて使い分けることが可能なので通勤・通学にはとくにピッタリのモデルです。

電動アシスト可能距離に注意!

注意してほしいのが、アシストが使用できる距離はエコモードで約40km、坂道モードで約25kmとなっており、この距離を超えるとアシストが使えないということです。

バッテリーのフル充電には2時間半ほど必要ですので、出かける前には余裕を持って充電をするようにしましょう。

フレームのサイズが「43」のみということもあり、身長はおおよそ「155cm前後」が適正値ですので、乗る人はかなり制限される点はマイナスです。このサイズでの売れ行きを見ながら、徐々に大きなフレームサイズへの販売を開始する可能性もあります。

まとめ

ビアンキのクロスバイクは、「CAMELEONTE」と「ROMA」という双璧で成り立っており、どちらも長年愛されている超ロングセラーモデルです。

初心者向けなのは、価格が7万円程度の「ROMA4」と「CAMELEONTE1」。いずれも街乗りには十分すぎる装備で、休日のロングライドサイクリングに十分な性能を持っています。

クロスバイクに慣れてくると、いずれ上位の「ロードバイク」に興味が出てきます。初心者の場合は、クロスバイクに乗るならばスペックを過剰に追求する必要はないのです。

ビアンキはかなり人気のブランドなので、しっかりと盗難防止をして街乗りに行きましょう!

Bianchiの公式サイトはこちら:http://www.japan.bianchi.com/