【自転車の防犯登録】登録や移転手続きのやり方。盗まれたらどうする?

スポーツサイクルに限らず、自転車を購入した場合には「防犯登録」が必要です。

基本的には購入時に店舗スタッフにて実施してもらえますが、ネット通販で購入したり、友人から譲り受けた時にはどうすればいいのでしょうか?

また、防犯登録を行うことでどういったメリットがあるのか?

ここでは、自転車の防犯登録の気になるポイントについて説明します。

自転車の防犯登録とは、一体どのような仕組み?

防犯登録制度は、1994年に制定された

「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律」

に基づき開始された制度です。

この法律に基づき、自転車の所有者は防犯登録することが義務付けられています。もっとも義務とは言っても、登録しないことによる罰則はありません。ただ後述するように防犯登録することで、万が一自転車が盗難された場合でも見つかる可能性がぐっと高まります。

また防犯登録がされていない自転車は警察から盗難車と疑われる可能性もあるので、なるべく防犯登録を行っておくことをおススメします。

防犯登録のルールは都道府県で違う?

防犯登録は、各都道府県が指定した団体によって行われています。そのため防犯登録に関するルールは都道府県ごとに異なり、防犯登録の有効期限もまちまちです。

だいたい10年前後が一般的ですが、短い県だと5年、長い県だと有効期限が無期限の場合もあります(東京都の場合、2018年の制度では登録の翌年から10年間)。

防犯登録が終了したら貰えるもの

防犯登録を行うと、番号が記載されたステッカーと防犯登録カードが交付されます。ステッカーを交付されたら、自転車のフレームに貼りつけておきましょう。

貼りつける場所は目立つ場所が推奨されていますが、とくに指定はありません。スポーツサイクルに乗る人の中には、フレームの裏側など目立たない場所に貼り付ける人もいます。

防犯登録カードは盗難被害の提出や他人に譲渡する際に必要なので、なくさないように保管しておきましょう。

防犯登録は自転車の購入方法によって異なる

防犯登録のやり方は、店舗で購入した場合や通販で購入した場合で異なります。注意が必要ですので確認しておきましょう!

実店舗で購入した場合

まず店舗で購入した時は、その場で防犯登録ができます。この場合に自分でやることは、書類に氏名と住所を記入するだけです。ただ自治体によっては、免許証や保険証などの提示を求められることも。費用も各自治体によって異なりますが、大体500円から600円程度です。

通販で購入した場合

通販で購入した場合でも、例えば「サイクルベースあさひ」や「cyma」のような大手通販サイトは防犯登録を行ってから配送してくれます。

「サイクルベースあさひ」の場合は大阪府
「cyma」の場合は愛知県

が防犯登録地となりますが、それ以外の都道府県に居住していても問題ありません。

ちなみに、防犯登録費用は、「サイクルベースあさひ」が600円、「cyma」も2018年4月16日より500円から600円に改訂されました。

メルカリなど個人から購入した場合

問題となるのが、メルカリやヤフオクなどで個人から購入したケース。この場合は、まず相手に防犯登録を抹消してもらった上で、改めて自分で防犯登録を行う必要があります。

個人取引の場合、相手が盗難車を販売しているケースもあり得ます。犯罪に巻き込まれないためにも、先方への防犯登録の確認を忘れないようにしましょう。

友人から譲ってもらった場合も、防犯登録は名義変更ができません。友人に防犯登録を抹消してもらった後、改めて防犯登録する必要があります。

防犯登録はどこで登録するの?

それでは、自分で防犯登録を行うときはどうすれば良いのでしょうか?

防犯登録は、各自治体が認定した「自転車防犯登録所」で行うことができます。

具体的には地域の自転車店や、ホームセンターなどの自転車販売コーナーです。ほとんどの自転車販売店で防犯登録ができますが、場所が分からない場合は各自治体の「自転車防犯協会(地域によっては防犯協会連合会)」に問い合わせることもできます。

登録時に必要となるもの

個人で防犯登録を行う場合は、「自転車防犯登録所」に必要なものを持参しましょう。例えば東京都の場合だと、

・自転車本体
・公的機関発行の身分証明書(運転免許証・健康保険証など)
・外国国籍の方は外国人登録証明書
・保証書または販売証明書(販売店名・商品名・車体番号などが全て明記されているもの)
・登録料500円(非課税)

です。

【参考】販売証明書

個人からの購入で販売証明書がない場合、

東京都自転車防犯協会HP(http://www.bouhan-net.com/qa/#q02)

から書式をダウンロードして、相手に記入してもらうことができます

自転車に盗難などの被害があった時の対応

次に万が一自転車が盗難された場合に、どのように対応すればよいのか紹介します。

まず盗難に気がついたら、最寄りの交番や警察署で被害届を提出しに行きましょう。その際防犯登録を行っていると、警察は防犯登録番号をデータベースに登録してくれます。

これで盗難情報が各警察で共有されるようになり、盗難自転車の確認や発見した場合の通知を行ってくれます。つまり防犯登録を行っていないと警察はほぼ何もしてくれないので、必ず防犯登録をしておきましょう。

ただし、防犯登録はステッカーによって所有者の情報を管理しています。そのため、例えばサドルやホイールなど、ステッカーを貼っていないパーツは盗難されても確認ができません。

また防犯登録をしていても、盗難による金銭的な被害への補償はありません。盗難による被害に備えるためには、別に自転車盗難保険に加入した方がベター。

防犯登録を抹消(解除)するにはどうするか?

自転車を処分する時や他人に譲る時は、防犯登録の抹消手続きが必要です。

自転車を買い替える場合は、販売店によっては自転車を引き取り、防犯登録抹消手続きを行ってくれることもあります。

防犯登録の抹消手続きは各都道府県で若干異なりますが、基本的に、

・自転車本体
・公的機関発行の身分証明書(運転免許証・健康保険証など)
・防犯登録カード

の3種類を、「自転車防犯登録所」や警察署に持参すればOKです。登録とは異なり、抹消する際に費用はかかりません。

また、自治体によっては『身分証』か『防犯登録カード』のどちらかだけで良いこともあります。

まとめ

自転車の防犯登録は未登録時の明確な罰則はありませんが、登録はルールなので、盗難などの最悪な被害にあったときのためにも重要です。

普通に店舗などで購入する際には販売者に任せておけばいいので楽です。ただ、個人間での取引の際には最大の注意を払ってください。

個人売買の場合は、販売者側が防犯登録のことを忘れていることも多いので、こちらから「防犯登録の確認」を確実に行いましょう。