キャノンデールのクロスバイク | 初心者おすすめの2台【2019年】

「Cannondale(キャノンデール)」はアメリカの超有名スポーツサイクルブランドです。ロードバイクやMTBは特に人気。経営危機でUSA生産から台湾へメイン製造は委託中。

生産拠点の変更もあって、日本でも購入しやすくなったブランドです。クロスバイクは2車種を展開しており、ミニベロの「フーリガン」とともに片足フォークで有名な「BAD BOY」は図抜けたデザインです。

「QUICK」はクロスバイクの入門車として、他社ブランドと同等のスペックと価格帯です。ここでは「Cannondale(キャノンデール)」のクロスバイクを紹介します。




キャノンデールといえば「BAD BOY」


「BAD BOY」は、とにかくクールなバイクを探している方にピッタリの自転車です。このデザインのクロスバイクは他社にはまずありません。

何といってもまず目を引くのが、2017年モデルから採用されている片持ちフロントフォーク(なんでも、航空機の主脚に着想を得たそうです)。そこに競技用マウンテンバイクにも用いられる「ダブルクラウンサスペンション」や「ディスクブレーキ」を装着し、とても個性的なフォルムとなっています。

さらにマットブラック一色の漆黒のカラーリングや「650×35B」の幅広タイヤの存在感もあって、名前の通り悪ガキ感満載な雰囲気に。周囲の目をひくこと間違いなしな上に、「BADBOY1,2」には「LED内蔵シートポスト」など意欲的な技術が導入されています。

「BADBOY2,3」に関しては、コンポが「シマノ アルタス」なので、変速機性能は必要最低限レベルです。

2019年モデルの「BAD BOY」は3モデル

「BAD BOY」は1-3まで3つのモデルが展開されており、上位モデルはフレームがより軽量になっているほか、フレームインタイプの「USB充電式LED」を標準装備しブレーキなどのパーツグレードが上がっています。

珍しいところでは、最上位モデルの「BAD BOY1」はベルトドライブの「シマノ・アルフィーネ」という内装ギアに換装されています。外装ギアよりもスッキリした見た目になり、一層洗練されたデザインになっています。

「BAD BOY2」までなら10万円を切る価格帯なので、初心者でも最初の一台の候補におすすめです。他の自転車に乗れなくなるかもしれませんが・・・

キャノンデール入門クロスバイク「QUICK」


「QUICK」シリーズは価格帯的に他社の入門用クロスバイクに該当するモデルですが、上位モデルのノウハウを取り入れておりフレーム設計にこだわりがあります。

  • 路面からの衝撃を吸収する、SAVEマイクロサスペンションを採用
  • 上下異径のテーパードヘッドを用い、ハンドルの操作性を向上

加えて各所に反射材を用いるなど快適な走行を手助けするアイテムも充実しており、最初の1台におススメできる自転車です!

2019年は「QUICK4」「QUICK7」の2車展開

「QUICK4」はディスクブレーキタイプでカーボンフォークとなっており、カラーリングは4色展開です。「BAD BOY」でもお馴染みの「グラファイトカラー」は、「QUICK4」のみで選択可能です。

「QUICK7」はVブレーキ装備でフォークもスチールのため、価格は他社入門モデルとほぼ同等の設定です。Vブレーキなのでメンテは楽です。

2018年モデルの「QUICK」シリーズは4モデル展開

2018年モデルでは以下の4-7までの4車種展開となっていました。主な違いは以下の通り。

QUICK6
  • フロントフォークが1グレード上のものに
  • QUICK7よりも変速機の段数が1つ多い9段に
QUICK5
  • QUICK6のブレーキを、Vブレーキからテクトロ製油圧式ディスクブレーキに交換
QUICK4
  • フロントフォークがクロモリ製からカーボン製に
  • フレーム材質もより高品質のアルミへ
  • コンポーネントがアルタスとデオーレに
  • ブレーキはVブレーキのまま

ちなみにどのタイプも、女性の体格にあわせてハンドル等を調整したWOMEN’Sモデルが用意されているので、女性の方でも無理なく乗ることができます。

まとめ

Cannondaleは一度経営危機に陥っていますが、立て直しもあって日本でも購入がしやすくなりました。根強い人気のあるスポーツバイクブランドなので、日本にも愛好家は多いです。

ロードバイクに比べてクロスバイクはカラーリングは抑え目ですが、「BAD BOY」に見られるように意欲的な「デザインと技術の融合」が図られています。