COLNAGOのクロスバイク初中級者へおすすめの2台【2019年版】

「COLNAGO(コルナゴ)」はイタリア発祥のスポーツバイクブランド。一目でわかる「クローバーマーク」やホワイトとブラックカラーを定番としたすっきりとしたカラーデザインが秀逸です。

ロードバイクは、ツールで140以上のチームにも使用されています。CONAGOのクロスバイクは、フラットバーロードという位置付けの「VORREI」と、街乗りに最適な「EPOCA」の2車種のみ展開しています。

ここでは、初心者でも手が出しやすいCOLNAGOのクロスバイク2車種を紹介します。

10万円前後のフラットバーロード「VORREI」はコンポも2種展開


「VORREI」は、コルナゴが「最速のフラットバーロード」というコンセプトで生み出した意欲的なモデルです。「シマノ クラリス」と「シマノ ソラ」で2つのモデルが展開されており、お値段はそれぞれ12万円と10万円くらいですが、この価格帯にしてはかなりの軽量化を実現しています。

フレーム構成はどちらのモデルも同じですが、アルミフレームとカーボンフォークを組み合わせたそれぞれ車重は以下の通り。

  • VORREI SORA:8.9kg
  • VORREI CLARIS:9.5kg

「シマノ ソラ」搭載車で9kgを切っているのは驚異的で、他社のロードバイク並のスペックです。このようにフレームが相当軽量化されているので、上級者ならコンポーネントのアップグレードにチャレンジしても面白いかもしれません。

フレームは内装ケーブルタイプで外観スッキリ

「VORREI」はフラットバーを用いることで、乗車姿勢はロードバイクと比べると大分ゆったりしたものになっています。また内装ケーブルやスムースウエルディング加工を駆使し、すっきりした外観となっているのも特徴です。

カラーリングもコンポによって以下のように決まっていますので、この点は注意が必要です。(ホワイト/ブラックがやっぱりカッコいい・・・)

  • VORREI SORA:マットブラック
  • VORREI CLARIS:ガンメタリック、ホワイト

走行性能だけでなく取り回しやデザインも優れている「VORREI」は、スポーツバイクの最初の1台としてだけでなく、セカンドバイクを探している人にもおススメしたい自転車です。

街乗りタイプのおしゃれクロスバイク「EPOCA」


「EPOCA」は、街乗りに適したオシャレなクロスバイクです。まず外観の特徴を紹介すると、細身に仕上げられたアルミフレームが目を引きます。その細さは、一見するとクロモリにしか見えないくらいです。さらに溶接部にスムースウエルディング加工を駆使し、アルミバイクらしからぬスッキリした外観に仕上がっています。

カラーはレッド、ブルー、ホワイトの3色が展開されており、どの色も深みのある色合いです。フレームとの相性もバツグンで、高級感あふれる雰囲気になっています。

走行面については、快速性と快適性を両立した「700×28C」のタイヤを用い、さらにホイールベースを長くとることで安定感を高めています。一方でフロントフォークをストレートフォークにすることで、キビキビとした操作感も確保されています。

コンポーネントが「シマノ アルタス」なので必要最低限レベルといった印象で、高速巡行にはあまり向いてはいません。

このように乗り回しやすい自転車なので、街乗りなどの普段使いに向いています。また「ダボ穴」もついているので、キャリアや泥除けを装着してツーリング仕様の自転車にしても面白い一台です。

まとめ

COLNAGOはクロスバイクにも妥協はしていません。価格設定は他社のクロスバイクに比べて比較的高めですが、コンポーネントはもちろんフレームの加工の美しさが光ります。

COLNAGO独自のスムースウェルディング加工により溶接部はスッキリです。いざスポーツサイクルを買うと、この溶接部の処理が気になったりもします。

2台とも目的がハッキリと分かれている車種なので、自分の目的に合わせた選択ができます。

COLNAGOの公式サイトはこちら:https://www.colnago.co.jp/