COLNAGOのロードバイク初中級者へのおすすめ8台【2018年版】

「COLNAGO(コルナゴ)」はクローバーマークで有名なイタリアのスポーツサイクルブランド。フェラーリとのコラボモデルなどでも人気ですが、ツールで140以上のチームにも使用されるほどの人気ブランドです。

初中級者向けの完成車タイプ「MONDO」や「C-RS」は「シマノ ティアグラ」や「シマノ 105」などを標準装備しており、十分な切り替え性能を誇ります。

ここでは、初中級者におすすめの「COLNAGO(コルナゴ)」のロードバイクを紹介するとともに、1グレード上のフレームセット販売品も紹介します。

↓ネット契約!本人や家族の賠償も対応↓

「SHIMANO SORA」搭載の人気入門車「MONDO2.0(モンド2.0)」


「MONDO2.0」は、コルナゴのエントリーモデルにあたるアルミロードバイクです。エントリーモデルとはいえ、フレーム構造は本格的です。

まずフレーム素材がこだわっており、上位グレードにも用いられる高品質の「6011番アルミ」を使用。さらに内装式ケーブルを採用して、ハイドロフォーミング製法やスムースウエルディング加工を駆使して仕上げられたフレームは、上位モデルのようにスッキリした外観となっています。

2018年モデルの「MONDO2.0」はティアグラ搭載車とソラ搭載車の2種類が展開されており、日本限定で400Sからサイズ展開がなされ、150cm台の身長の方でも無理なく乗ることができます。

さらに2018年モデルはカラーバリエーションも日本限定となり、ティアグラ搭載モデルはブルーとホワイト、ソラ搭載モデルはブラックとホワイトの2種類が用意されています。



「SHIMANO ULTEGRA」対応のカーボンロード「「C-RS」」


「C-RS」は2017年から新登場した、コルナゴ製カーボンバイクの中核を担うミドルグレードのロードバイク。

トップチューブとダウンチューブには、「MASTER X-LIGHT」と同じジルコ加工が施されており、フレームは高い剛性を確保。ペダルを踏みこんでも力が逃げないため、グングン加速することができます。

一方で振動吸収性にも優れているため、乗り心地も決して悪くありません。

さらにアワーグラス形状のヘッドチューブやインテグレーテッドシートクランプ、それから内装式ケーブルなど空力を意識した設計が随所に取り入れられています。

またコルナゴらしく塗装にも力が入っており、乗るだけでなく見る楽しみも味わえる点もポイントです。

2018年モデルの「C-RS」はアルテグラ搭載車と105搭載車の2種類が展開されており、フルカーボンバイクの割にリーズナブルな価格です。とくにアルテグラ搭載車が30万円台前半なのは驚きです。

ファンライドからレース参戦まで、様々な用途に対応するバランスの良い自転車です。




「SHIMANO 105」搭載のシクロ対応ロード「A1R」


「A1R」は2017年から新登場した、初心者から中級車向けのバランスの良いアルミロードバイクです。

「STRADA」シリーズからフレームを一新し、従来より若干ゆったりした乗車姿勢に変更されました。一方でストレートのカーボンフォークや内装式ケーブル、上下異径のテーパーヘッドなどロードバイクに求められる装備はしっかりと押さえています。

またスムースウエルディング加工を駆使した、コルナゴらしいすっきりした外観も特徴です。

コンポーネントには105を搭載し、そのままでもレースに出走できる性能を持っていながらノーマル仕様の「A1R」は価格が20万円以内。これは最初の1台としてはもとより、買い替えでステップアップを目指す方まで、様々な方のニーズに応える価格帯です。

2018年モデルの「A1R」は、ノーマル仕様と機械式ディスクブレーキを採用したモデル、それからシクロクロス仕様の3種類が展開されています。ディスクブレーキを採用したモデルはやや割高で25万円近くしますが、その価格に見合ったしっかりとした制動力を発揮してくれます。

世界王者監修のフルカーボンシクロクロス「PRESTIGE」


シクロクロスとは、障害物を設けたオフロードで競われる自転車競技です。この競技に用いられるシクロクロスバイクはロードバイクに似ていますが、オフロードに対応したセッティングを行い、走行が不可能な悪路は肩に担げるようにフレーム構造を配慮している特徴があります。

そしてこの「PRESTIGE」は、2016年に開催されたシクロクロス世界選手権で世界王者の座についた、ワウト・ファンアールト選手の監修を受けた生粋のシクロクロスバイクです。

フルカーボンのモノコック構造の車体は、オフロード走行に求められる性能を最大限発揮するように設計されています。またフラットマウントディスクブレーキシステムの取り付けが可能なほか、ケーブルの内装化などレースを意識した工夫が随所に取り入れられています。

「PRESTIGE」はフレーム単体での販売となりますが、25Cから35Cまで様々な幅のタイヤを装着することができるので、目的に応じて様々にセッティングすることができますよ!

長距離ツーリングから林道でのオフロード走行まで、様々な場面で活躍する自転車です。




“C”シリーズ2018年の最強モデル「C64」


“C”シリーズは、コルナゴが誇るレース仕様のフラッグシップモデルです。そして2018年、コルナゴが満を持して発表した新モデルがこの「C64」です。

先代の「C60」から伝統のラグ構造を継承しつつ軽量化を図り、フレームが「C60」より186g軽い900g(500sサイズ、未塗装)になりました。またフォーク形状も改められ、空力性能の高いダイレクトマウントブレーキ専用となっています。

こうして軽くなっただけでなく操作性も向上した「C64」は、“C”シリーズ伝統の、レース性能と快適性を両立させた乗り味を一層進化させています。

またイタリア国内で製造されたフレームは、すべて「パマ・ペイント」で職人の手作業で一台一台丁寧に塗装されています。職人技の美しさから、その塗装は芸術品と称せられるほどです。

「C64」はフレームセットのみでの販売となり、ノーマル仕様とディスクブレーキ仕様の2種類が展開されています。カラーバリエーションは6種類ありますが、その内アズーロとビアンコは塗装にこだわったアートデコール仕様となるため、基本価格より5万円ほど割高となっています。

名車「V1R」のバージョンアップモデル「V2R」


「V2R」は、2015年に登場した「V1R」のコンセプトを継承しつつ、更なるバージョンアップを図ったレーシングモデルです!

フレームはフェラーリと共同開発されており、コルナゴ製フレームでは最も軽いものとなっています(480サイズのフレームが、塗装前の状態で850gとなっています)。

また「V1R」からフレーム形状とブレーキの設置方法などが見直されており、車重はそのままに剛性や整備性を一層高めることに成功しました。

「V2R」は基本的にフレームセットでの販売となり、ノーマル仕様とディスクブレーキ仕様の2種類が展開されています。マットレッドのみ完成車での販売も行っており、ブレーキはノーマル仕様、コンポーネントはカンパニョーロのスーパーレコードを搭載して120万円で販売されています。

またコルナゴには、フレーム選択時に好きなコンポーネントを選択できるセミオーダーシステムがあります。これを利用すれば、シマノ、カンパニョーロ系列から好きなコンポーネントを選択した完成車を購入することも可能です。




コルナゴのクロモリロードといえばコレ「MASTER X-LIGHT」


「MASTER X-LIGHT」は、1983年の初登場以来、変わらぬデザインを継承してきたクラシックなロードバイクです。

現在のプロレースはカーボンフレームが主流ですが、90年代まではクロモリが主流。そんな時代のツール・ド・フランスなどで、「MASTER」シリーズは活躍してきました。

ジルコ加工と呼ばれる星型のフレーム形状が特徴で、細身ながらもバツグンの剛性を実現。そのためクロモリバイクとはいえ、ペダルを漕いだ時の推進力はカーボンバイクに匹敵します。

フロントフォークはストレートフォークとなっていますが、ストレートフォークは1987年に世界で初めて「MASTER」シリーズが採用したフォークです。今となっては決して珍しい形状ではありませんが、その歴史的価値を楽しむのも乙です。

またコルナゴらしい美しい塗装は、ラグ構造で装飾されたクロモリフレームと相性バツグン!かつて「MASTER」は、ロードバイク乗りなら一度乗ってみたい憧れの的でした。その理由が良く分かる、ステキな自転車です。

COLNAGO60周年記念モデル「C60」


“C”シリーズの中で、コルナゴが創立60周年を記念して開発したのがこの「C60」です。とくに目を引くのが、その美しいフレームの塗装。

「C60」などイタリア国内で製造されるコルナゴのフレームは、すべて「パマ・ペイント」という工房で職人の手作業により丁寧に塗装されています。その職人技の美しさから、「C60」は芸術品と形容されることすらあります。

フレームはカーボン製ですが、マスプロ車では珍しいラグ構造を採用しています。これにより多彩なサイズ展開が可能になっただけでなく、高い剛性と鋭い加速性が備わりました。

一方でシートステーやチェーンステーの形状を工夫することで良好な振動吸収性も持ち、レース仕様でありながら乗りやすさも兼ね備えています。

「C60」はフレームセットのみでの販売となり、ノーマル仕様が645,000円、ディスクブレーキ仕様が675,000円となります。価格に見合った性能と美しさから、走る楽しさだけでなく所有の嬉しさも満たしてくれるでしょう。



まとめ

「COLNAGO」のロードバイクは、クローバーマークが特徴で、ひと目でコルナゴとわかるデザインが魅力。

また、初心者にとくに人気の完成車である「MONDO2.0」「C-RS」であっても十分にレースに参加ができるレベルの仕上がりとなっています。

中上級者に人気のフレームセット販売品も、完成車の納品依頼も可能です。正直、初中級者にはフレームセットからの購入はおススメできませんが、どうしても欲しい場合は相談をしてみましょう。

COLNAGOの公式サイトはこちら:https://www.colnago.co.jp/