クロスバイクの「泥除け」問題を解決するおすすめフェンダー

クロスバイクなどのスポーツサイクルに乗っている時に上位にくる問題が「突然の雨」です。

雨が降るとフレームは濡れ、スプロケットやペダル部分はとくに後処理がマズイと走りに影響します。ただ、最大の問題はクロスバイクに泥除けが無い場合に発生する、「服汚れ」と「濡れ」。

ここでは、クロスバイクに装着しやすい泥除けアイテムを紹介します。

クロスバイクに泥除け装着は必要なのか?

ママチャリには標準装備されている泥除けですが、クロスバイクには基本的に泥除けはありません。

クロスバイクを初めて購入検討している人は、実際にサイクルベースあさひなどで実物を見て欲しいのですが「Bianchi」「GIOS」などのブランド系は泥除けはもちろんありません。

クロスバイクの中でもシティサイクルに分類される一部の車種では泥除けが最初から付いています。では、「クロスバイクに泥除けは必要なのか?」という点ですが、やはり「雨の日に汚れたくないかどうか?」がすべてです。

雨の日にクロスバイクに乗る人は少ないでしょうが、突然の雨に見舞われたときはやはり泥除けの便利さが光ます。泥除けが着いていないクロスバイクの場合、背中に縦一直線に水しぶきが付着します。

泥を含んだ水溜りを走ってしまうと最悪です。アスファルトでも埃や塵を含んでいる水なので普通に背中が汚れます。この事態を防ぎたい場合は、やはりクロスバイクに泥除けは必要でしょう。

泥除けは「取り付けやすく」「取り外しできる」ものがいい

クロスバイクの場合は、泥除けは基本的に標準装備しません。ですので、雨天時や路面状態が悪い場合に簡単に着脱できるものがいいでしょう。

クロスバイクなどのスポーツバイク用の泥除け(フェンダー)もありますので、この記事の最後に紹介します。

早くクロスバイク向けの泥除けを見たい人はこちら

クロスバイクに泥除けはやっぱりダサい

ただ、泥除けをクロスバイクに装着すると見た目が一気にチープ化します。「DE ROSA」「COLNAGO」などのクールなフレームの自転車に装着すると一気にダサくなります。

これは防ぎようがないので、やはり見た目を気にする人はクロスバイクに泥除けは装着しない方がいいでしょう。(そもそも雨の気配がある日は乗らない)

クロスバイクに泥除けを装着してダサくなる要因は、以下の4つが合わさった時です。

  • 泥除けが大きすぎる
  • 泥除けがホイールの色と違い悪目立ちする
  • 泥除けの取り付けが甘く走るとガタガタ揺れる
  • 泥除けの設置位置が的確でなく浮いて見える

これらを解決しない限り、クロスバイクに泥除けを装着すると確実にダサくなります。

【ダサいポイント1】泥除けが大きすぎる

最もダサく見えるのは泥除けが大きすぎる場合。フレームとの一体感がなくなり、見た目が最悪になります。

装着しているホイール幅にもよりますが、やはり泥除けは極力必要最低限のサイズが望ましいです。

【ダサいポイント2】ホイールと色が違いすぎる

サイズと同じくらい大きなダサポイントが「カラーリング」です。泥除けは「浮いている存在」なので、もともと一体感が感じにくいです。

モトクロスやMTBなどの「フェンダーありき」ならいいですが、クロスバイクのようなシャープなフレームには合わせにくいものです。

なので、できればタイヤの色と似通ったものにして、最も近いパーツであるタイヤとの一体感を目指すのが重要です。

【ダサいポイント3】泥除けガタつき

泥除けの見た目は「サイズ」「カラーリング」でほぼ決まりますが、走行中のダサさはやはり「ガタつき」です。

走行中に泥除けが揺れていると自転車との一体感が損なわれて見た目にダサくなります。

【ダサいポイント4】泥除け設置位置が悪い

とくにリア側の泥除けに起こる問題ですが、やはり泥除けの位置が高くてタイヤから離れているとダサく見えます。また、タイヤから離れすぎるとそもそもの泥除け効果が薄くなります。

とにかく「タイヤとの一体感」が重要なので、極力タイヤに近づけましょう。実走行をして最適な位置を探るのも重要です。

クロスバイク向けの泥除けのおすすめアイテム

泥除けをクロスバイクに取り付けることでダサくなる要因に付いて説明しましたが、かっこよく見せるにはそれらの問題を解決する必要があります。

泥除けというとママチャリに装着されているテカテカ金属光沢のものを想像すると思いますが、クロスバイクに藪沢してもかっこいい泥除けは確かにあります。

ここでは、クロスバイクに違和感なく取り付けられるものから、機能的なものまで泥除けアイテムを紹介します。

クロスバイク向けの泥除け「折りたたみ」タイプ

クロスバイクの泥除けとして最初に候補に入れてもらいたいのは、やはり「折りたたみ」タイプの泥除けです。

常時装着を前提としていない場合は、やはり泥除けの持ち運びが必要です。ただ、サイクルバッグなどに入れる際にかさ張るのは最悪です。

また「折りたたみ」タイプはロードやクロスでの使用前提で作られているものが多くデザインも加工いいです。必要最低限の機能を有しつつ、サイズもコンパクトな「折りたたみ」のフェンダーがおすすめです。

Onvian 自転車フェンダー マッドガード

折り畳みというよりも「収納タイプ」の泥除けです。持ち運びに便利なのはもちろん、使わないときは収納してしまえば悪目立ちもしません。

ASS SAVERS-3 リアフェンダー

折り畳んだ後はサドル裏に収納できるという優れもののフェンダー。カラーリングも6色展開で1,300円ほどなので、お試しで購入してみるのもありです。

クロスバイク向けの泥除け「ワンタッチ」タイプ

次におすすめなのは「ワンタッチ」タイプの泥除けです。サイズはどうしても「折りたたみ」タイプに劣りますが、着脱が簡単なので小雨や雨が降りそうな日にサッと取り付けが可能です。

また、ワンタッチタイプもシートポストやフレームに取り付けるタイプなので、比較的サイズは小さめで違和感がありません。こちらもロードやクロス用にデザインも意識されています。

TOPEAK トピーク ロードバイク用フェンダー

自転車パーツといえば「TOPEAK」ですが、フェンダーもラインアップにあります。ロード用設計なので、クロスバイクにも問題なく装着可能です。

FLINGER SW-663FR Fender

こちらも工具無しで簡単に着脱可能なFLINGERのフェンダー。全部の取り付けがコツがいるので、その点は注意。

クロスバイク向けの泥除け「固定」タイプ

固定タイプは基本的に「大型」のものがほとんどです。これは固定タイプがホイールハブに取り付けることが多いからです。

クロスバイクの車種によっては取り付けができないものがあるので、基本的にはネットでの購入は控えましょう。

自転車を購入した店で見繕ってもらうのがいいです。工賃を確認して、ネットでパーツを購入するのも手ではあります。

Dixnaディズナクロスフェンダー

耐久性や復元力に優れたDixnaのフルフェンダー。フルタイプの中でもデザインは格好いい部類です。
キャリパーブレーキ用穴どめがない車種には取り付けできないので事前確認必須!

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ)GDS02600

樹脂製のフルタイプ固定式フェンダー。700Cタイプまで装着可能ですが、ダボ穴が無いと装着不可能なので購入前に確認しましょう。

まとめ

自転車では泥除けは便利なアイテムですが、やはり見た目には影響します。スポーツバイクに求めるものは「機能」に加えて「かっこよさ」もあるでしょう。

自分が自転車に求めるものの中で重視するものをはっきりさせてから、泥除けの導入を考えるようにしましょう。