FUJI(フジ)のクロスバイク初中級者へのおすすめ5台【2018年版】

「FUJI(フジ)」はかつて日本ではじまった国産スポールサイクルブランドでしたが、現在はアメリカに本社を構えた逆輸入タイプのブランドです。

FUJIのクロスバイクの特徴は、なんといっても街乗りにベストマッチした外観とクロモリフレームの美しいシルエットです。アルミモデルのクロスバイクも展開されており、サイクリングにも適したコンポ設計となっています。

ここでは、初中級者にも手が出しやすいFUJI(フジ)のクロスバイクを紹介していきます。

↓ネット契約!本人や家族の賠償も対応↓

「SHIMANO ACERA」搭載のFUJIの人気入門車「RAFFISTA」


「RAFFISTA」は、7万円台とお手頃価格のオーソドックスなクロスバイクです。

クロスバイクの中ではマウンテンバイク寄りの設計となっており、価格帯的にもビアンキの「CAMALEONTE1」に近いイメージ。

「CAMALEONTE1」との違いは、コンポーネントがシマノ製で統一され、そのグレードも高くなっていること。価格帯を考えると、「RAFFISTA」はよりパーツにこだわった自転車と言えそうです。

“A2-SLアルミ”を用いたフレームはバテッド加工を施し、強度と軽さを両立しています。初期装備のタイヤは「700×32C」ですが、最大で2インチ幅まで換装可能です。ほかにも泥除けやキャリアを付けるためのダボ穴も付属しており、用途に応じて様々なカスタムが可能^^

サイズとカラーリングは4種類あり、特徴的なバイカラーが目をひきます。通勤通学からキャリアを装備したツーリングまで、様々な用途に対応する万能車です。

FUJIの最上位クロスバイク「ROUBAIX AURA」


FUJIの最上位アルミロードと同じ名前を冠する「ROUBAIX AURA」。リーズナブルな価格帯でありながら、名前負けしない本格的なフラットバーロードです。

最大の特徴は本格的なフレーム設計。この価格帯では珍しいアシンメトリックチェーンステーを採用し、ペダリングのパワー伝達がスムーズです。

さらに”A2-SLアルミ”を用いたフレームは場所に応じて肉厚を変え、剛性の高さと軽さを追求しています。またジオメトリも本格仕様で、チェーンステーを短くすることで高い加速性能を発揮します。

このようにフレーム構造だけ見れば、上位モデルとそん色ない構成です。

フロントフォークはもちろんカーボンで、振動吸収性もバッチリ。そしてコンポーネントには「シマノ クラリス」を採用。総重量は9.2kgですが、これはクラリス搭載車としてはかなり軽い部類です。

他社同グレードよりもカラーリング豊富で被りにくい「PALETTE」


「PALETTE」は、5万円台の低価格設定で、はじめての1台にピッタリのクロスバイク。

同じような価格帯だとGIOSの「MISTRAL」やGIANTの「ESCAPE」などがありますが、これらと比べるとあまり街中で見かけません。 カラーリングも6種類と多彩で、とくにミントカラーは他では見かけないカラーリングなので、街中でも目立つこと間違いなし!

人とはちょっと違う自転車を探しているなら、ぜひ検討してほしい自転車です。

パーツ構成は堅実で、やや細身のアルミフレームにクロモリフォーク、変速機はフロントが「シマノ ターニー」、リアが「シマノ アルタス」を採用。

タイヤは「700×28C」といった標準サイズで価格帯を考えると妥当な装備です。キャリアや泥除けを付けるためのダボ穴も付属しており、通勤・通学にも換装可能です。

シンプルイズベストな1台。シングルスピードの「STROLL」


「STROLL」は変速機能のない、シングルスピードと呼ばれる自転車です。

シングルスピードは普段使いを意識した設計となっており、変速機を用いないことで高い整備性を誇ります。またパーツ交換が容易なため、外観をカスタマイズしやすいことも特徴。

一方で変速機以外のパーツ構成はスポーツサイクルのものなので、走行性能も決して低くありません。

「STROLL」の外観は、スッキリとしたクロモリフレームに、スキンサイドタイヤとポリッシュ加工のリムを組み合わせた、クラシックバイクのような佇まい。

フロントギアにはチェーンガードが付いているので、裾を汚す心配もありません。またフレームにダブルバテッド加工を施すことで、重量も9.7kgに抑えられています。

「STROLL」は5種類のサイズ展開と、カラーリングはシルバー、ブラック、カーキの3種類。オシャレな街乗りバイクを探しているなら、ぜひ一度調べてみてほしい自転車です。

ハンドル形状とシフトの違いで3種類から選べる「BALLAD」シリーズ


「BALLAD」はクラシックな佇まいが特徴の、街乗り向けの自転車です。

スッキリとしたクロモリフレームに、スキンサイドタイヤとポリッシュ加工のリムの組み合わせは、まるでビンテージバイクのよう。

「BALLAD」はチェーンガード付きのフロントシングルにフラットバーを採用しているため、気兼ねなく普段使いできるようになっています。

よりスポーティーに乗り回したい人には、「BALLAD」をドロップハンドル仕様にして、コンポーネントを「シマノ クラリス」に変更した「BALLAD R」がおススメです。

また「BALLAD」系列の最上位モデルとなる「BALLAD Ω」は、フレームをバデッド加工することで軽量化していることに加え、コンポーネントが「シマノ ソラ」に変更されています。またカラーリングが大きく異なり、ほかの「BALLAD」系列にないスタイリッシュな外観が特徴です。

「BALLAD」シリーズは、すべて6種類のサイズ展開がなされており、小柄な方でも十分に乗りこなすことができます。

まとめ

FUJI(フジ)の自転車は、古き良き日本でよく見られた細身のクロモリフレームを始め、スポーツライクなアルミフレームも抑えており、幅広い年代で人気となっています。

とくに、シンプルな構成のシングルスピード「STROLL」は、スッキリした外観とカスタム性の高さからマニアックな人気を誇っています。

ちょっと他の人と違う自転車に乗りたい人に、とくにオススメのスポーツサイクルブランドです。

FUJIの公式サイトはこちら:https://www.fujibikes.jp/