GIOSのクロスバイクおすすめ4車種〜ミストラルなど女性にも人気の車種〜

「GIOS(ジオス)」のジオスブルーという鮮やかな青色は、2018年モデルでも男性だけでなく女性にも評判のいい配色です。

ジオスのクロスバイクは「MISTRAL(ミストラル)」に代表されるような、安価ながらも「クロモリ」素材を仕様しているのが特徴。上位モデルはアルミフレームではありますが、フォークにクロモリを使用しています。

アルミタイプに比べて衝撃吸収性に優れている”クロモリ”は「重い」という印象もあります。しかし、そんな欠点を解消した「AMPIO(アンピーオ)」というモデルがあるなど、ビアンキと同程度に長い歴史をもつイタリアブランドながら、素材面も革新が進んでいます。

ここでは、そんな「GIOS(ジオス)」のクロスバイクの2018年おすすめ4車種を紹介していきます。

↓ネット契約!本人や家族の賠償も対応↓

シマノコンポなのに6万円を切る安さ「MISTRAL(ミストラル)」


5万円台というお手頃価格から、はじめてクロスバイクに購入する方に勧めたいのがこの「MISTRAL」です。価格帯が似ているGIANT(ジャイアント)の「ESCAPE(エスケープ)」と共に、よく最初の1台として検討される自転車です。

「ESCAPE」との違いは、何といっても変速機だけでなく、ブレーキやボトムブランケットまでシマノ製品で統一されている点でしょう。この価格帯でここまでシマノ製品を用いている自転車は珍しいです。

2018年モデルの「MISTRAL」はノーマル仕様のほかに、以下の2種類が展開されています。

  • フレームをアルミからクロモリに変えた「MISTRAL CHROMOLY」
  • 700×35Cの幅広タイヤとサスペンションフォークに変更した「MISTRAL GRAVE」

価格はそれぞれ6万円程度なので、より快適な乗り心地を求めるなら「MISTRAL CHROMOLY」。マウンテンバイクの様に乗り回したいのなら「MISTRAL GRAVE」も選択肢に入ってきます。

バテッド加工でクロモリの軽量化に成功した「AMPIO(アンピーオ)」


「AMPIO(アンピーオ)」シリーズは、「MISTRAL」よりも走行性能を重視した「フラットバーロード」と呼ばれるタイプの自転車です。

ロードバイクで流行りの「700×25C」の細身のタイヤを装備する一方で、フレームやフォークがクロモリで統一されているため、路面からの振動はしっかり吸収してくれます。

クロモリは素材の特性上どうしても重くなりがちですが、「AMPIO」はバテッド加工という技術を駆使し、なんと9.7kgと「MISTRAL」より1kg以上軽量化されています!

クロモリがここまで軽量化できるのは実はすごいことなんです。「AMPIO」はグレードによって「クラリス」「ティアグラ」の2種類が展開されており、ティアグラ仕様のモデルはフロントフォークがより軽量なカーボンフォークに変更されています。

価格はそれぞれ8万円と11万円です。フレームそのものはどちらも同じなので、目的に応じてグレードを選択しましょう。

カーボン仕様のフロントフォークが特徴の「CANTARE(カンターレ)」


「CANTARE(カンターレ)」は、ロードバイクに敷居の高さを感じている人におススメしたいクロスバイク。「CANTARE」は「AMPIO」と同様にフラットバーロードに分類され、ロードバイクのドロップハンドルをフラットバーに変更した自転車。

そのためロードバイクのような快速性を備えつつ、乗車姿勢がドロップハンドルよりゆったり目になっています。それからブレーキなども、ママチャリに近い感覚で操作可能です。

「CANTARE」はグレードによって「シマノ クラリス」「シマノ ソラ」の2種類が展開されており、「ソラ」仕様のモデルはフロントフォークが軽量なカーボンフォークとなり、より前傾姿勢を取れるようにポジションも変更されています。

価格はそれぞれ7万円と9万円です。コンポの違いのみなので、フレームそのものはどちらも同じです。ギアの切り替え段数や切り替え易さを基準に選ぶといいでしょう。ロングライドを考えるなら、やはり「ソラ」の方がサイクリング向きの仕様です。

フラットバーロードタイプでGIOS最高峰の「LUNA(ルナ)」


「LUNA」は、同じGIOSの「AMPIO」ティアグラモデルと非常に似通ったフラットバーロードです。コンポーネントなど足回りは「AMPIO」ティアグラモデルとほぼ同一で、価格も同じ11万円。「LUNA」と「AMPIO」の違いは、主にフレームの差となります。

具体的には、まずフレームカラーがGIOSとしては珍しくマットブラックのみとなっています。そして「AMPIO」がホリゾンタルフレームなのに対し、「LUNA」は緩めのスローピングフレームとなっています。

細かいことを言うと「AMPIO」よりもフレームのリアセンターがやや長く、そのため直進安定性がより優れている点も特徴ですね。ほかにもフレーム細部の仕様が異なっているので、比較対象としては「AMPIO」を意識しつつ、カラーリングや乗車時の体勢が気に入った方を選択すると良いでしょう。




まとめ

「GIOS」のクロスバイクは4車種ともシマノのコンポーネントを仕様しており、最も安い「MISTRAL」は6万円を切るなど、初心者ならば選択肢の一つに入れるべきブランドです。

コスパ面で考えると「GIANT」や「TREK」に劣る部分もありますが、やはりジオスブルーのデザインは素晴らしく、見た目にも惚れ込んでしまいます。

スポーツサイクルを長く楽しむならば「外観」も重要なファクター。コンポなどの性能差以外の面を確認する意味でも、一度実物を見てみることをオススメします!

GIOSの公式サイトはこちら:http://www.job-cycles.com/gios/