GIOSのロードバイク初中級者へのおすすめ12車種【2019年版】

「GIOS(ジオス)」のロードバイクは、クロスバイクで人気の「MISTRAL(ミストラル)」と同様に、スチールの中でも「クロムモリブデン鋼」を使用した「クロモリ」フレームが特徴の「AIRONE(アイローネ)」など、人気車種が多いスポーツサイクルブランドです。

カーボンフォークの使用により衝撃吸収性にも優れ、アルミフレームタイプはもちろんフルカーボンフレームの「GRESS(グレス)」や「TITANIO(チタニオ)」のような珍しいチタンフレームも取り扱っています。

使用しているコンポもシマノ製ですので、自分の好みの自転車を選びやすいのも特徴です。ここでは、「GIOS(ジオス)」のロードバイクの中でも初中級者におすすめの2018年モデル12車種を紹介します。

クラシカルな風貌のスポーツロードバイク「VINTAGE(ビンテージ)」


「VINTAGE」は、クロモリフレームにWレバー、さらにはスレッドステムと伝統的なスチールロードバイクのスタイルを守り続けている自転車です。

クロモリ特有の細身のフレームはクラシックな外観と相性バッチリで、Wレバーも良いアクセントになっています。Wレバーは実用面では決して便利ではありませんが、マニュアル車と一緒で変速の手間そのものを楽しむ人も多いアイテムです。

カラーバリエーションはトリコロールのイタリアン、それからブルー、ホワイトの三色となり、明るいカラーリングはどれも自転車の雰囲気とピッタリ。
(※なおイタリアンカラーだけ、塗装の費用分1万円高く12万5千円ほど)

一方で走行性能も妥協しておらず、コンポーネントに「SHIMANO Tiagra(ティアグラ)」を搭載し十分な性能を確保しています。こだわりのロードバイクを探しているならカスタムベースとしてもおすすめの一台。

「シマノ クラリス」搭載のクロモリモデル「FENICE(フェニス)」


「FENICE」は、GIOSのスチールロードバイクの中ではエントリーモデルに当たる自転車です。

GIOSはクロモリのスチールロードバイクに定評があり、「FENICE」もフレームにクロモリを採用しています。そのため他の素材では作れない細身のフレームが外観上の特徴です。

エントリーモデルとはいえフロントフォークはカーボンフォーク、コンポーネントは「SHIMANO Claris(クラリス)」で統一してこの価格帯なら十分な性能となっています。

同じGIOSの「LUNA」と比較するとリアセンターが1cm短く設定されており、そのため自転車の挙動が良くペダルを踏みこむとすぐに加速してくれますよ。

全般的に、エントリーモデルの中では走行性能を重視した設計です。キビキビ走るロードバイクが欲しい方は、購入を検討しても良いでしょう。

「シマノ ソラ」搭載のクロモリモデル「FURBO(ファーボ)」


「FURBO」は、価格帯の近い「FENICE」と共に最初の一台として検討されることの多いロードバイクです。「FENICE」と比較すると、「FURBO」の方が2万円ほど高く11万円程度となります。

その違いは、まずコンポーネントが1グレード上の「SHIMANO SORA(ソラ)」に変更されています。そのため変速の段数が1つ多くなっているため、より路面状況に対応しやすくなっていますよ。

それからフレームの材質は同じクロモリですが、例えばトップチューブが「FENICE」より1.5cm長いため、前傾姿勢を取ることができるようになっています。

全体的に、走行面を重視したセッティングになっているといえるでしょう。

とはいえガチガチのレース仕様という程ではなく、フレームの特性もあって乗り心地は柔らかめです。ちょっとした遠乗りから通勤・通学まで、幅広く活躍する自転車です。

「シマノ ティアグラ」使用のクロモリロード「AIRONE(アイローネ)」


「AIRONE」は、「FURBO」をグレードアップしたような自転車です。

フレームのジオメトリなど基本的な性能は「FURBO」と同じですが、コンポーネントが1グレード上の「SHIMANO Tiagra(ティアグラ)」に変更されています。そのため変速の段数が10段になるので、一層路面状況に対応しやすくなっていますよ。

そしてクロモリフレームとカーボンフォークの組み合わせは、抜群の衝撃吸収性を誇ります。日常使いでも、快適に乗り回すことができます。

カラーリングも、ブルーに加えてイタリア国旗をモチーフにした「トリコロールカラー」が加わっています。塗装の手間の分1万円上乗せされていますが、オシャレな自転車を探しているなら一見の価値あり。

ちょっとした遠乗りから通勤・通学まで、様々な局面で活躍するスポーツサイクルです。

コスパ最高!「シマノ 105」搭載の「FELLEO(フェレーオ)」


「FELLEO」は、10万円台のGIOSのスチールロードでは最上位に位置するモデルです。

フレームのジオメトリなど基本的な性能は「FURBO」や「AIRONE」と同じですが、大きな違いはコンポーネントが「SHIMANO 105」に統一されていることです。

「SHIMANO 105」はより上位の「DURA-ACE(デュラエース)」や「Ultegra(アルテグラ)」との互換性も備えた、レースでの使用にも耐えうる本格的なロード用コンポーネントです。17万円台で105のフルコンポーネントを装備できるのは、コストパフォーマンス的にも優れています。

そして走行性能だけでなく、クロモリフレームとカーボンフォークの組み合わせは抜群の衝撃吸収性を誇ります。デザイン性も優れていますし、快適性や見た目にもこだわる方にもおススメしたい自転車。

クロモリフレーム全般に言えることですが、雨に濡らすとすぐに錆びてしまいます。購入を検討される方は置き場所にも注意してください。

GIOSアルミロードのエントリーモデル「SIERA(シエラ)」


「SIERA」は、GIOSのアルミロードバイクのエントリーモデルに当たる自転車です。

コンポーネントなどの基本装備は、同じくエントリーモデルとなる「FENICE」と変わりません。フロントフォークはカーボンフォーク、コンポーネントはクラリスで統一してありこの価格帯なら十分な性能となっています。

「FENICE」との大きな違いは、フレームの素材がクロモリではなくアルミとなっている点。フレームがアルミのため「SIERA」の方が軽量で、車重は「FENICE」より600g軽い9.6kgとなっています。

細かい点では、2018年モデルでは「SIERA」の方が若干大きめのサイズ展開となっています。おおよその性能は「FENICE」とそれほど変わらないので、フレームの素材など自分の用途に合った方を選択するとよいでしょう。

軽量アルミタイプが特徴の「LEGGENDA(レジェンダ)」


「LEGGENDA」は、2017年からラインナップに加わった新型のロードバイク。価格は「SIERA」より1つ上のグレードとなり、11万円くらいで販売されています。

「SIERA」と比較するとコンポーネントがソラに変更されて変速段数が1つ多くなっているため、より路面状況に対応しやすくなっています。さらにフレームがダブルバテッド加工されることで、「SIERA」より軽量化が図られています。

珍しい点として、GIOSのアルミロードバイクで唯一「シルバーカラー」が選択できます。いかにもアルミバイクらしいシュッとした印象になるので、見た目にこだわる方は要チェック!

ただ1つ注意してほしいのが、ダボ穴がないためキャリアや泥除けを後付けすることができません。購入する時はこの点を念頭においてください。

GIOSで男性に人気ロードバイク「AL LITE(アルライト)」


「AL LITE」はコンポーネントをティアグラで統一した、コストパフォーマンスに優れたロードバイク。

「LEGGENDA」よりも一回り大きなフレームとなり、乗車姿勢がより前傾姿勢を取る形になりました。そしてフレームはさらに軽量化が図られ、コンポーネントはティアグラで統一されています。

この価格帯で変速機だけでなく、クランクなどもすべてティアグラでまとめているのは珍しい。

すべてティアグラで統一されていることを考えると、他社のティアグラ搭載モデルよりコストパフォーマンスが良いと思います! 10万円から15万円くらいでロードバイクを探しているなら、ぜひ検討してもらいたい車種。

注意点は、サイズ展開が「サイズ48」からとなっています。このサイズだと身長155cm未満の方には大きすぎるので、購入する際は気を付けてください。

アルミロードの最上級車。レースもいける「LESTA(レスタ)」


「LESTA」は、GIOSのアルミロードでは最上位に位置するモデルです。

まず特徴として、エアロ形状のホイールを装備するなど随所にレースを意識したセッティングがなされています。エアロホイールは空気抵抗を軽減し、高速巡航時に威力を発揮します。

コンポーネントは、シマノの105で統一されており、上位のデュラエースやアルテグラとの互換性も備えた、レースでの使用にも耐えうる本格的なロード用コンポーネントです。17万円台で105のフルコンポーネントを装備できるのは、コストパフォーマンス的にも優位。

基本的なパーツがシマノで統一されているため、パーツ交換をせずにそのままレースに投入することも可能です。普段使いだけでなく、レースへの参加を考えている方にもおススメしたいロードバイクです。

コロンバスのフェラーリにも使用されるクロモリを使用「REGINA(レジーナ)」


「REGINA」はイタリアの鋼管メーカー、コロンバスのクロモリフレームを用いたスチールロードバイクです。

コロンバスは1919年創業の老舗企業で、その提供するスチールフレームはフェラーリにも用いられています。一見するとアルミフレームの様に見える大口径ダブルバテッドフレームは、やわらかい乗り心地としっかりとした剛性を両立させています。

また完成車ではなくフレームセットのみでの販売となるので、タイヤやコンポーネントはすべて自分で選択することになります。そのためパーツに関する一定の知識が求められるので、最初の一台には敷居が高いかもしれません。けれども逆に言えば、自分の理想通りに組み立てられるのが魅力です!

自分だけのレーシングクロモリを作り上げたい人は検討してみるのもいいでしょう。

錆に強く高い剛性を誇るチタンフレーム「TITANIO(チタニオ)」


「TITANIO」は、スポーツサイクルの中でもとても珍しい「チタン製フレーム」の自転車です。チタンは加工が難しいものの、軽量で剛性が高く、錆びないという特徴があります。加工に手間がかかるため値段は高めで、フレームセットでの販売価格が約28万円となります。

少々値の張る買い物となりますが、ほかの素材にはない乗り心地の良さ、高い耐久性が魅力ですね。

「TITANIO」も「REGINA」と同様にフレームのみの販売となります。ただ、専門店で相談すればオススメのパーツ組みの完成車売りもしてくれます。末永く乗り続けられる、自分だけのバイクを探しているなら一見の価値ありです。

ガチレースもいけるGIOSフルカーボンロード「GRESS(グレス)」


「GRESS」は、GIOSが提供するレース向けのフルカーボンバイクです。

2017年モデルより、フレームが空力を意識したエアロ形状に変更されました。さらにカムテールダウンチューブ構造を採用することで、空力だけでなく剛性も高め。短距離での加速性能も、もちろん高まっています。

フレームセットでの提供に加え、完成車はアルテグラ搭載モデルと105搭載モデルの2つが展開されています。さらにアルテグラ搭載モデルはアルミホイールだけでなく、プロレースでも使用されるカーボンホイールに換装したモデルに分かれます。

価格はフレームセットが15万円ほど、完成車は105搭載モデルが22万円、アルテグラ搭載モデルは27万円となります。カーボンホイール搭載モデルは48万円とかなり高くなりますが、本格的にレースに参戦するなら一考の価値ありです。

まとめ

「GIOS」のロードバイクは12車種ともシマノコンポーネント。初中級者レベルならば、ティアグラレベルのコンポでも十分満足できると思います。もう少しを上を目指すならば「シマノ 105」搭載車もいいのですが、これですとコスパとの兼ね合いもあるので、ほかのブランドも視野に入れたほうがいいでしょう。

GIOSはとにかく味のある「クロモリ」と「ジオスブルー」が気にいった人ならば、離れられないブランドです。中規模店ならば比較的取り扱い店舗も多いので、一度実物のカラーリングを見てみることをオススメします。

GIOSの公式サイトはこちら:http://www.job-cycles.com/gios/