MERIDA(メリダ)のロードバイク初心者にもおすすめの4車種【2019年】

「MERIDA(メリダ)」のロードバイクはパーツやフレーム素材で細かく分類されており、初心者から上級者まで幅広くカバーできるラインナップが特徴です。

ここでは、初中級者にオススメの20万円以下を中心とした「MERIDA(メリダ)」のロードバイク4シリーズについて紹介していきます。

MERIDAの最高級レースロード「REACTO」


「REACTO」は、「SCULTURA」と同じくレース仕様の本格的なロードバイクです。「SCULTURA」との外観上の最大の違いは、フレームがエアロ仕様となっていること。これにより巡航性能が向上し、平地では「SCULTURA」をしのぐ性能を発揮します。

2018年モデルから設計が一新されており、従来のモデルよりも快適性が増して乗り回しやすくなりました。

プロが使用する「TEAM-E」を筆頭に「8000-E」、「7000-E」、「6000」、「5000」、「4000」、「400」と多彩なモデルが展開しています。「7000-E」以上のグレードは、電動式コンポーネントに対応しており50万円オーバーとなります。

REACTO 400

  • 「REACTO」シリーズで唯一のアルミフレーム。フロントフォークはカーボン製。
  • コンポーネントは「シマノ 105」で統一
  • 重量は9.2kg

REACTO 4000

  • フレームが「CF2」のフルカーボン
  • 振動吸収性に優れたS-FLEXシートポストを採用
  • コンポーネントは「シマノ 105」。ダイレクトマウントブレーキと、ディスクブレーキ仕様の2つのモデルが展開
  • 重量はダイレクトマウント仕様が8.3kg、ディスクブレーキ仕様が8.6kg

REACTO 5000

  • フレームやシートポストは4000と同じです
  • 変速機が「シマノ アルテグラ」にグレードアップ
  • 重量は8.2kg

REACTO 6000

  • カーボン素材がプロ仕様の「CF4」にグレードアップ、シートポストはもちろんS-FLEX
  • コンポーネントは「シマノ アルテグラ」で統一
  • 重量は7.7kg

なお、「400」以外はすべてMERIDAとの契約店でのみ販売されているので注意が必要です。

「400」と「4000」には新城幸也選手の所属するバーレーン・メリダのレプリカカラーが展開されています。とてもオシャレなカラーリングなので、新城選手のファン以外も要チェックです!

MERIDAのオールラウンダーレースモデル「SCULTURA」


「SCULTURA」は、メリダが展開するレーシング仕様のロードバイクです。同じメリダの「REACTO」と比べると加速性や巡航性能は「REACTO」に軍配が上がりますが、クセがなくてどのような路面状況にも対応するオールラウンドさは「SCULTURA」の方が上です。

「SCULTURA」は、フレームのグレードに応じて多彩なモデルが展開されています。そのため目的と予算に応じて、様々な選択肢をとることができるでしょう。フレームサイズはグレードによって若干異なりますが、150cm台から190cm台まで、様々な体格に対応できるよう配慮されています。

SCULTURA 100

  • アルミフレームとカーボンフォークの組み合わせ
  • コンポーネントに「シマノ クラリス」を搭載
  • 重量は9.5kg

SCULTURA 400

  • フレームは100と同じもので、アルミフレームとカーボンフォークの組み合わせ
  • コンポーネントが「シマノ 105」にグレードアップ
  • 重量は8.9kg

SCULTURA 700

  • アルミフレームの最上級モデル、BBの規格を「PF86」に変更して漕ぎだしの軽さを実現
  • コンポーネントは「シマノ 105」
  • 重量は8.5kg

SCULTURA 4000

  • ここからはフルカーボンモデルに、カーボン素材は「CF2」
  • コンポーネントは「シマノ 105」を中心にシマノ製パーツを採用
  • 重量は8.1kg

SCULTURA 5000

  • 基本的な構成は「4000」と同じで、変速機が「シマノ アルテグラ」にグレードアップ
  • 重量は8.0kg

SCULTURA 6000(2018年のみ)

  • カーボン素材がプロ仕様の「CF4」にグレードアップ
  • コンポーネントは「シマノ アルテグラ」で統一
  • 重量は7.5kg

なお、「700」以上のモデルはすべてMERIDAとの契約店の専売品。それぞれブレーキをディスクブレーキに交換したバリエーションモデルがあるので、必要に応じてそちらも検討してみてください。

MERIDAのグラベルロード「SILEX」


「SILEX」は高い走破性を持ち、走る場所を選ばないツーリング仕様のグラベルロードです。

「200」、「400」、「7000」、「9000」の4つのモデルが展開されていますが、それぞれMTB寄りのジオメトリで取り回しやすい設計です。またフレームはキャリアの設置こそできませんが、合計5つのボトルケージ台座が用意されており、バイクパッキングをすることで泊りがけのツーリングにも対応できます。

装備されている純正品のタイヤはマキシスと共同開発を行ったもので、高い耐パンク性能を誇ります。クリアランスに余裕があるため、必要に応じて幅広のタイヤに換装することも可能です。それぞれサイズ展開は44,47,50,53,56の5種類で、155cmから190cmの体格まで対応しています。

SILEX 200

  • アルミフレームとカーボンフォークの組み合わせ
  • 変速機は「シマノ ソラ」
  • プロマックスの機械式ディスクブレーキを採用
  • 車重は10.2kg

SILEX 400

  • 200と同じ、アルミフレームとカーボンフォークの組み合わせ
  • 変速機は「シマノ 105」
  • シマノの油圧式ディスクブレーキを採用
  • 車重は10kg

SILEX 7000

  • フレームがアルミからフルカーボン「CF2」に
  • コンポーネントを「シマノ アルテグラ」に交換、フロントシングル11段変速と油圧式ディスクブレーキの組み合わせ
  • 車量は軽量化が進み、8.7kgに

SILEX 9000

  • 「SILEX」シリーズの最上位モデル
  • フルカーボンで7.9kgと、さらなる軽量化を実現
  • コンポーネントに「SRAM Force1」を採用、フロントシングル11段変速と油圧式ディスクブレーキの組み合わせ

なお、「200」以外はすべてMERIDAとの契約店販売です。

MERIDAの入門用ロードバイク「RIDE」


「RIDE」は、メリダの他のロードバイクと比べてもアップライトな乗車姿勢で、より快適性を重視した乗り心地の良いモデルとなります。一方で、もともとはプロ選手が石畳を走ることを想定して設計されただけあって、走行性能も十分に確保されています。

2018年モデルの「RIDE」は、バリエーションモデルを含めて4モデルでしたが、2019年は「RIDE 80」の1車種のみです。

RIDE 80

  • アルミフレームとカーボンフォークの組み合わせ
  • コンポーネントは「シマノ クラリス」
  • 重量は9.6kg

RIDE 400(2018年のみ)

  • アルミフレームが「6066トリプルバテッドアルミフレーム」にグレードアップ
  • フロントフォークは同じくカーボン製
  • コンポーネントは「シマノ 105」
  • 重量は8.7kg

RIDE 3000(2018年のみ)

  • 「RIDE」の最上位モデル。フレームが「CF2」のフルカーボンとなり、より快適性が向上
  • コンポーネントは「シマノ ティアグラ」にグレードダウン
  • 重量は8.6kg

価格も10万円を切りますので、初心者にも手が届くレベルです。長距離を走っても疲れにくい設計なので、のんびりとロングライドをする時の相棒にもおススメです!

まとめ

MERIDAのロードバイクは、4車種ながら多彩なパーツとフレーム素材の組み合わせで初心者から上級者まで幅広くカバーしています。

グラベルロードの「SILEX」などはオフロードも走れるため、初心者でもあらゆる路面でサイクリングを楽しむことができます。全体的にMERIDAのロードバイクはコスパがいいので、最初の一台や買い替えの一台の候補となり得ます。

MERIDAの公式サイトはこちら:http://www.merida.jp/